• 他人にどう見られるかは気にしない

    アメリカのオレゴン大学のジョアン・クラーク氏は,以下のような実験を行った。 対人関係において高い不安を感じといるという男性に,2人の女性アシスタントと会話をしてもらったのだ。 会話を終えた後,男性たちに感想を聞くと,みな […]

  • 周りの人に相手にされなくても大丈夫

    一見「落ち目」であり,どん底にあるように見えても,そこからチャンスが生まれることは多い。 人間とは,失敗をバネにしてより魅力的な人間へと変わることができる動物であるからだ。 アメリカのベンチャー企業の社長においては,一度 […]

  • 「一期一会」に全身全霊をささげよ

    初対面の人に追うときには、普段の時の100倍以上も好印象を与えられるように努力しよう。 なぜなら、初対面の印象というのは、その後もずっと強く残るからである。 いったん好意を持ってもらえれば、その後は長く好意を感じてもらえ […]

  • 相手をむやみに信用するな

    他人をむやみやたらには信用しないほうがいい。 なぜなら世の中には、信用に足る人間などは本当に少ないからである。 約束や社会のルールを平気で破る人ばかりで、信用するたびに約束を破られ打ちひしがれてしまう。 例えば、待ち合わ […]

  • 無謀な「高望み」はしない

    人間関係において苦痛を感じる原因は、「期待」である。 間違った期待をするから、人間関係で苦痛を感じてしまうのだ。 例えば、「女性はみんな自分に好意を抱いてしまうはず」なんて考えてしまうのが、男の性というものではあるが、実 […]

  • 会話は「ビジネス」だと捉えよ

    仕事関係の飲み会や接待は、もともととてもつまらないものだ。 なぜならそれは、あくまで仕事の一部であるからだ。 だからはなから楽しもうなんて思わないほうがよい。 せっかくお酒を飲むのだから、自分も楽しもうなんて意気込むと、 […]

  • 人の生き方は「一発屋」でよい

    パーフェクトで理想的な人間など目指さなくてもよいと述べたが、完全無欠の人間でなければ人に好かれないかというと、そうではない。 ひとつの魅力をとことん磨けばよいのだ。 「これだけは人に絶対負けない!!」というものを徹底して […]

  • 好かれるのは3割の人でよい

    こんにちは、 はらいかわてつやです。 老若男女がおもしろい番組をつくろうとしたって、絶対につまんなくなるに決まってるでしょ。 (「テレビブロス」2012年6月23日号、78ぺ‐ジ) 有吉さんは、テレビ番組を製作する際、老 […]

  • モテない言い訳はしなくてもよい

    人間というものは、自分にとって都合の良いように物事を正当化する生き物である。 不都合なことは決して認めたくないので、さまざまな言い訳をして事実を認めないようにしているのだ。 例えば、頭の良くない人は、自分が勉強を嫌いなこ […]

  • 「痩せれば・・・、高学歴は・・・モテる」は真っ赤なウソ

    私たちは、女性は「痩せれば絶対にモテる」、男性は「高学歴のほうがモテる」などとおかしな思い込みをしばしばする。 しかしそれは、まったくのデタラメである。 有吉さんはこのように述べている。 世の女性はみんなすぐ「痩せたい」 […]

1 2 3 4 5 12